日中のプログラム

eed公開期間中、豊楽庵では様々な催しが執り行われます。坐禅、瞑想、屋外瞑想、勉強会、写経、写仏、茶の湯、巡礼ウォークなどが定期的に行われます。

また日頃の喧騒から離れ、山々に囲まれた豊かな自然の中で、静けさと安らぎの時を体験できる宿泊会にもご参加いただけます。(一人でもグループでも可能です。)

さらに、生活における悩みやご相談事などがありましたら、気軽にお声掛けください。

 

プログラムや催しにつきましては、下のリンクをクリックして詳細をご覧ください。開催日時はカレンダーにてご確認いただけます。日程に変更がある場合には、その都度お知らせいたします。日程などで個別の対応をお望みの場合もご相談に応じますので、お気軽にご連絡ください。

 

坐禅

午後の瞑想

お粥の会

写経・写佛

勉強会

礼佛会

サウンド瞑想

ネイチャー瞑想

ウォーキング・メディテーション

禅&クリエーティブアーツ

 

坐禅

  • 毎週水曜日 19:00 – 21:00 (4月~8月)、  18:30 – 20:30 (9月~3月)

012ed

 

坐禅は本来、「安楽の法門」と言われています。体から始まる、心へ移る自分の点検の機会でもあります。豊樂庵の静かな環境の中に自分を見つめなおしてみませんか?

坐禅は休憩を入れて2回30分を坐り、経典を読み、その後茶話会があります。初めてご参加される方は坐禅指導のため20分前にお越し下さい。

 


午後の瞑想

 2月 ~12月 第1土曜日 15:00~16:30

23edd

 

庭の歩く瞑想後、心を落ち着かせるリラクセーション音楽を聞きながら、30分の瞑想。

その後、茶話会があります。

 

 


お粥の会

 5月~10月、 月一回の日曜日(カレンダー参照) 6:00~8:00    参加費:500円

p1050368ed

早朝の新鮮な空気を味わい、外の経行(きんひん)で坐禅が始まります。その後、室内に30分の坐禅。最後に一緒にお粥、お茶をいただきます。リフレッシュした気持ちで日常の生活へ戻れます。

参加者は前日までご連絡ください。 

 


写経・写佛

毎月第2金曜日、9:00 – 10:00

瞑想の一種として、願いを込めながら、お経または仏画を映します。

お持ちの方は筆ペンご持参ください。

 

 


勉強会

毎月第2金曜日、10:00 – 11:30

お釈迦様の教えはどう日常生活の中に生かせるのかは、テキストなどを使って学びます。


サウンド瞑想

dsc02089edサウンドは、人の潜在意識に極めて奥深い領域から直接的に働きかけてきます。サウンドを取り入れることで、瞑想の質を静寂時よりも高めることが可能になります。本プログラムは、ウォーキング・メディテーショ(歩き瞑想)と並行して行われることもあります。シンギングリンや鐘などの打楽器をはじめ、音楽を取り入れることで、サウンドにより瞑想をサポートするプログラムです。屋内でも屋外でも行われます。


ネイチャー瞑想
p1050018ed

本プログラムは屋外で行われるため天気に左右されます。通常は、豊楽庵に集合し、ここを起点に出掛けるか、車でまず別の場所に移動して、既成市街地から離れた地域をハイキングします。途中、閑静な場所に差し掛かるたびに小休止を取り、呼吸運動をしたり瞑想にふけったり、写仏などの創作活動をしたりして、自然に心身を委ねる貴重な時間を過ごします。こうしたウォークは、目的地に至るための手段ではなく、目的地そのものであると言えます。

 


ウォーキング・メディテーション
walk-meded豊楽庵の裏の庭には瞑想のための小径が作られています。この瞑想に重要なところは、歩くリズムと呼吸のリズムを整えることにより、自然と一体になることです。足裏に大地を感じ、自然とつながることができるため、この瞑想は裸足で行われます。

同時に、サウンド瞑想のような他のプログラムと並行して行われることもあります。

足を拭くために、小さめのタオルをご用意ください。


禅 & クリエーティブアート

月一回、土曜日、カレンダー参照

blatt1eded多くの文化・伝統において、芸術は常に霊的修行に欠かすことのできない役割を担ってきました。クリエーティビティ(独創力)は霊性を解き放ち、自由と命を与え、趣くままに魂を導き、自己の内に秘められた神性を認識させてくれます。それは、私たち一人ひとりの存在に意義を与え、結びつけてくれる媒体であり、言そのものなのです。

禅の芸術は瞑想が具現化されたものであり、修行することで、坐禅や瞑想と同じ効果がもたらされます。真の独創力というものは、100%の集中力、精度、鍛錬によってのみ、人の技を通して開花するものです。それは、自我や非我を滅却し、時間という概念を超越して、今この時に在り、概念化されない覚醒状態において初めて可能になるのです。


礼佛会

4月、9月  日曜日 10:30 – 12:00 (カレンダー参照)

礼佛会は豊樂庵の中心的な行事です。皆様と一緒に経典を読み、法話を聞きます。その後、軽い食事をいただきます。